CSR 従業員への取り組み

主な取り組み

住吉グループは社内研修・慰安旅行・レクリエーションなど様々な取り組みを行っています。

新入社員教育

研修センター

入社後、2週間当社研修センターにて、社長によるグループ方針についての説明や各部署担当者による一般常識教育・安全教育を実施しています

技術基礎教育

各配属先で技術基礎をしっかりと学び、現場でのOJT教育へと移行します。

二年次社員教育

一歩踏み込んだ内容の様々な座学

物事に対する考え方や建設業法・廃棄物処理法・労働安全衛生法など専門的分野を学びます。

チームビルディング研修

一泊二日の屋内外での様々な研修を行います。ボランティア活動・マリンスポーツ・グループディスカッション等、チームでの非日常体験の中で、コミュニケーションを通じ、連帯感を醸成します。

住吉グループへの帰属意識

研修を通して個々の前向きな気持ちを引き出し、住吉グループへの帰属意識を強めます。
仲間と協力して物事を進めることの大事さを学び、仕事に活かしていきます。

慰安旅行

日本全域、海外へ

毎年6月に社員全員で慰安旅行をしています。
過去旅行先はグアム・タイ・香港・韓国・北海道・沖縄・東京・屋久島・金沢・伊勢など毎年様々な場所を訪れています。

社員同士の親交

非日常の雰囲気によって普段あまり接することのない他部署との社員とも会話が弾み、親交が深まります。

レクリエーション

ゴルフ大会

毎年2回、日頃の職務への感謝・労いと今後への英気を養うため、お取引先の皆様と当社職員が一堂に会し、ゴルフ大会を開催しています。

フィッシング大会

毎年1回、お取引先・住吉グループの社員とその家族が10隻もの船団に乗り込み、大物を狙って海上で釣果を競います。

ソフトボール大会

毎年1回、関係協力会社より参加チームを募りトーナメント戦を行います。住吉グループもこの大会のためにチームを結成し参戦します。

住吉グループ