CSR 地域社会への貢献

主な取り組み

住吉グループは地元のイベントへの協力を通して、地域社会への貢献を行っています。

地域社会への貢献

維新海峡ウォーク

毎年、地元で行われるウォーキングイベントにおいて、参加者(約15,000名)に無料で飲料やお菓子、休憩所を提供しています。

長府企業フェスタ

2003年より毎年、地元企業による会社紹介や物販ブースなど様々な催しがあります。当社グループは主に子供向けにミニ重機運転や工作教室などを実施しています。

マルスミ杯少年ソフトボール大会

毎年2月、地元のソフトボール振興やスポーツに取り組む子ども達への一助として、当社クラブチームを中心に開催しています。市内のスポーツ少年団約20チーム・総勢300名が参加しています。新チームにとっての公式戦開幕大会として位置づけられています。

職業講話・出前事業

市内及び県内の中学校・高校へ出向き、建設業を代表して仕事についての話や社会人としての心構えなどを講話しています。

しものせき未来創造jobフェア出展

2017年より開催される当イベントは下関市内にある様々な職業を中学生・高校生に体験してもらい、下関で働く大人と関わることで「将来はこんな仕事につきたい」「社会の中でこんな役割を果たしたい」と将来の自分を想像してもらう職業体験企業説明会です。
建設機械やダンプトラックの試乗体験を実施しました。

災害支援、ボランティア活動

被災地での有志によるボランティア活動を実施しています。
※写真は2016年4月の熊本地震被災地での模様

馬関まつり出店

街の活性化を目的とした下関最大の祭りです。
当社ソフトボールクラブチームのメンバーが中心となって、地域貢献の一環として出店・運営しています。

住吉グループ