現場経験を積み重ねて成長

  • 基礎工事部 岡﨑 奨
  • 職種 杭打工
  • 担当業務 杭打作業の補助
  • 入社年 2019年

仕事内容

私は手元作業員として杭打工事が安全かつスムーズに進められるよう現場内の補助を行っています。杭打工事は様々な工法があり、私たちが主に施工している工法はセメントミルク工法です。杭打機で施工場所の支持層(構造物を支える固い地盤)まで掘削し、セメントミルク(根固め液)を地中に注入します。そして、既製コンクリート杭を決められた位置に正確に挿入し、杭周固定液の硬化によって杭と地盤を一体化させ支持力を強くする工事です。他にも土留め工事・杭抜き工事など行っておりますが、どの工事においても私たちの仕事は重量物を扱う危険な作業です。同じ班のメンバーと合図をとりながら日頃から事故の無いように安全第一で作業をしています。

入社動機

私は昔から父の仕事上、多くの建設機械を身近に見てきました。物心がついた頃から将来いろいろな建設機械にのって仕事がしたいと考えていました。住吉運輸の職場見学に参加する機会をいただき、職場の雰囲気や重機を運転するオペレーターさんの仕事に対する真剣な姿を感じることができ、ぜひこの会社で働きたいと思い入社しました。

仕事のやりがい

杭打工事の“難しさ”と“面白さ”は地中の様子が目視できないところにあります。杭打工事を行うにあたり、地中障害物の発生により施工が中断することが何度もあります。見えない地面の中を想像し、班のメンバーと解決策を考えながら日々協力しあって完成させた工事はとても嬉しく感じます。また、入社して一年目は現場の作業工程や作業内容が分からず、自分で考えて行動することが出来ませんでした。しかし、上司からの熱心な指導もあり、経験を積み重ねた今では自分で現場の流れを理解して行動できるようになり成長を実感しています。

これからの夢・目標

今は知識も技術もまだまだ未熟ですが、一年後、二年後、今より成長できたな思えるように日々精進していきたいです。その先には、誰からも信頼されて安心して仕事を任せられる人材になりたいです。その為にも工事・現場についての知識・技術を蓄え着実に経験を積んでいきたいです。

ある1日のスケジュール

  • 8:00 朝礼(ラジオ体操、KY活動)
  • 8:15 作業手順確認
  • 8:30 本杭施工
  • 10:00 休憩
  • 10:15 施工再開
  • 12:00 昼食
  • 13:00 午後の作業箇所・手順確認
  • 13:15 本杭施工
  • 15:00 休憩
  • 15:15 施工再開
  • 16:10 現場内片付け、翌日の作業打合せ
  • 17:30 退社

住吉グループ